出会い系で彼女やセフレを作る方法【まずは返信を貰うこと!】

出会い系を使って女性と仲良くなるためには、やはり「返信率」を上げることが大切ですね。
いくら積極的にメッセージを送っても、相手からの返信が無ければどうにもなりません。
これはセフレ作り&彼女作り両方に言えることです。

 

最初の返信を貰ったからといって、必ずしも最後までうまくいくとは限らないでしょう。
しかし不思議なもので、1度やりとりが始まると、そこからは案外スムーズに話が展開します。
「返信さえ来ればこっちのもの」といったところでしょうか。

 

まずは「きちんと返信が貰えるかどうか」

出会い系で彼女やセフレを作るためには、これは非常に重要な部分です。

 

しかし、女性を不快にする内容だと、当然返信など来ません。

「え?自分ではそんな変なことを書いているつもりはないけど…」
そんな風に思う男性もいるでしょう。

 

まず、プロフィールを読んでいないことがミエミエなメッセージ。
これは相手の女性を高確率でイライラさせます。

 

例えば、女性のプロフィールに「趣味はカラオケです」と書いてあったとします。
にもかかわらず、最初のメッセージで「趣味とかありますか?」なんて聞いたらどうでしょうか。

きっと女性は「プロフィールに書いてあるじゃん…」と激萎えするでしょう。

 

メッセージを送ることばかりに夢中になり、ついプロフィールを流し読みしてしまう…という方もいます。
しかしこれは非常に危険なので、メッセージを送る相手のプロフィールは面倒臭がらずにちゃんと読みましょう。

もちろん、「きちんとプロフィールを読んだけどうっかり的外れな質問をしてしまった!」という場合もあります。
しかし相手の女性側にはそんなことわかりません。
「この人ちゃんと読んでないんだな」と思われてしまうだけです。

逆に、「趣味はカラオケってあったけど、どんな歌歌うんですかー?」など、プロフィールに書かれたことに触れつつの質問であれば好印象です。

 

また「すぐに会いたがる」「すぐに連絡先を交換したがる」といった、「すぐに○○したがる系」もアウト

ある程度やりとりを重ね、仲良くなった頃に「会ってみたい」「連絡先が知りたい」と切り出すのはかまいません。
自分から切り出せないタイプの女性だったら「むしろありがたい」と思うかもしれないですね。

 

ただ、最初のメッセージでいきなり提案するのはNGです。
「今日すぐ会いたい!」的な書き込みをしている女性なら問題ないですが、そうでないならマズいです。
初っ端からガツガツした雰囲気を出し過ぎると、ほとんどの女性はドン引きします。

 

セフレを目的としている場合、「どうせ身体の関係なんだから多少雑な感じでもいいだろう」と思ってしまうかもしれません。
しかし出会い系サイトには、星の数ほど男性がいます。
大勢の中から相手を選ぶわけですから、あまりにお粗末な感じだとバッサリ切られます。

 

「どうせセックスをするなら、紳士的な振る舞いをする素敵な男性としたい」。
そう思う女性のほうが圧倒的に多いでしょうから、たとえ身体目的であっても、誠実なメッセージを送るよう心掛けましょう。

やはり第一印象は大切ですからね。

最初のメッセージで好印象を植え付けることは、重要ポイントと言えます。

 

最初の返信を貰い、やりとりを続け、そこそこ距離が縮まったら…

徐々に下ネタを入れていくのもアリですね。

 

経験人数や感じやすい場所、試してみたいプレイなど、エロいやりとりをすることで、さらに親しくなることもあります。

こうした情報を事前に知っておくと、いざセックスをする時にも役立ちますから、いろいろな意味でGood。

もちろん、やりとりを始めたばかりの段階ではアウトですよ。
「会いたがる」「連絡したがる」だけではなく「エロ話をしたがる」も、親しくないうちは返信率をグッと下げますからね。

 

中には最初のメッセージで「エッチしたいです!」なんてことを書く方もいるようですが…
もはや言語道断と言っていいレベルかもしれません。
男性としては悪気は無いでしょうし、正直と言えば正直なんですが、やはり多くの女性は拒絶反応を示すでしょう。

 

女性と出会いたい気持ちが高ぶると、ついついアウトなメッセージを送ってしまいがちです。
女性を求めるがゆえガツガツしてしまう…というのも、仕方ないと言えば仕方ないでしょう。

 

しかし、出会い系サイトでセフレや彼女をGETするには、返信率を高めることがまず第一。

思わず返信したくなるようなメッセージを心掛ければ、素敵な女性との楽しいひとときや気持ちいいセックスも、すぐに実現できちゃいますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です